リバウンドの理由【ダイエットアドバイザー解説】

専門学校時代、痩身専門のエステにインターンしていた友人から、
「痩せられるってホントですか!!!」とお店に駆け込んできたお客様の手に
某ミスターなドーナッツの箱があったという話を聞いたことがあります。

ちゃっかりとダイエットアドバイザーの資格も持っているまいらねえです。
これはエステティシャン資格を取る前に取ったやつなのでエステとは関係なく、普通のダイエットのアドバイザー資格になります。

さて、冬ですので、夏に向けて…夏だから…とダイエットした方がリバウンドする季節になりました。いろんなもの食べたあと、こたつに入っちゃうし、動かない季節です。寒くなってくると温かいラーメンやうどんがおいしいよね。

なんでリバウンドしてしまうのか

なぜリバウンドが起こるのか。これはもしアドバイザーの試験だったら
「身体には恒常性が備わっており大きな変化があった際はもとに戻ろうとするから」という回答になるんですが、そうではなくもっと根本的に、
なぜダイエットして成功した状態をキープできないかというと、

体組成は習慣からくるもの だからです。

たとえば
糖質制限!豆腐!置き換えドリンク!0calゼリー!しらたき!こんにゃく!!毎朝ウォーキング!夜ランニング!寝る前筋トレ!!
と、めちゃくちゃがんばって、目標体重を達成した~!として。

よし!!って全部やめて、もとの生活に戻したら
当然にして体重は戻ります。

もう一度。
体重(体組成)は生活習慣です。

やらなくなったら戻ります。
無理なく続けていけないとキープするのはムリです。
きょう一日がんばりまくることよりも、
習慣として取り入れられるようにすることに集中しないといけません。
(※疾患によるものなどは例外です。念の為)

私が糖質制限や置き換えダイエットをあまりおすすめしていないのもこの理由のためです。一時的に目標体重になったとしても、過度な糖質制限や置き換えの食事がある生活をずっと続けるのは無茶があります。
目標体重達成後に、通常の食事に戻していったとき、完全にもとの食生活に戻ってしまえばその先にあるのはやっぱりもとの体型です。

痩身のエステで食生活のカウンセリングが入る理由もここにあって
・毎食大盛りを食べてるけど、本人は食事量が多いと思ってない
・夜中に食べてるけど、本人は夜中だと思ってない
・毎日アイスは食べるもので削ることはできないと思っている
・水分をジュースでとるのが当然になっている
というように、その人にとってはなんでもない、とっても普通だと思っている生活が実は「いや痩せない原因それだよ!?」というものだったりするからです。

ちなみにこの逆が、「どうしてそんなにスタイルいいの?何やってるの?」という質問に対する、「なにもしてないよ~」という回答です。女子会あるある。本人にとっては超普通かつ日常習慣なので、とくになにもしていないという認識なのです。

冒頭のドーナツ飛び込み事件も同じで、本人にとっては、痩せたい・痩せる気持ちがあるとしても、ドーナツを持ち帰りで箱が用意されるレベルの量(つまり1~2個ではない)を買って帰るのは、一般的に普通、もしくは当然のことだと思ってたはずです。
これを他人から見ると「いや痩身エステ契約する前に、箱でドーナツ買うのやめればいいんじゃない??」という話になるわけです。

この場合は、やみくもに一定期間ドーナツ箱買いをがまんしてもいつか揺り戻しがきて、また箱買いしだす可能性は高いので、そもそもどうしてドーナツを箱で買ってしまうのか、いつ食べたくなるのか、買ったから食べるのか食べたくて買うのか、買うから食べてしまうのであれば一度に買う量を減らす方法を考えたり、帰宅ルートにミスターを視界に入れないルートを採用したり、食べたいならドーナツ以外でなにか置き換えできないか、というのを検討していくことが必要で、さらにどうやってその状態を「普通」に持ってこれるのか…をよく考えて実行しないといけない、ということです。
意外と、リバウンドしないダイエットを突き詰めていくと、生活習慣というか精神的なあり方まで考えていく必要があったりします。

特に10代~20代女性でダイエットから拒食症・過食症などの摂食障害に発展した場合、体重を減らそうとしたことが原因というよりは、根底に自己評価の低さがありつつ、「やせること」を自己評価向上の手段として認識したために起こってくることもあるので、ここも精神的な部分をケアしないと単純に体重をもとに戻して健康体重の範囲に乗っただけでは、なんらかのストレスで再発ということも考えられます。

というわけで、ひとくちにダイエットといったとき、通常フィジカルなことばかり考えがちですが、結構メンタル的な部分も重要、という話でした。

 

※この記事は某ミスターなドーナッツの店内で書かれています