タベリーを使ってから、献立を考えるのが楽しみになりました

夕飯作りはもっぱら私が担当しています。
といっても、母は平日夜にあまり量を食べないようにしているので、そこそこテキトーな料理でいいのですが、にしても考えるのが大変でした。まあ、どうしても思いつかなかったり、すごく疲れていたら、冷蔵庫や冷凍庫にあるものですませてもらってます。

タベリーというアプリを導入してからは、献立を考えるのがかなり楽になりました。

タベリーは、主菜・副菜・汁物の分類から4択で作りたいメニューを選んで献立化するアプリ。4択の中にピンとくるものがなければ4択自体を無限にシャッフルできます。ワード検索にも対応しているので冷蔵庫の在庫状況に合わせて献立を考えられるのがポイントです。
実際に献立をつくると、こんな感じです。

 

このときは副菜1品で作っていますが、副菜は2種類以上に増やすこともできます。
作ったことのない料理が出てきたりするので、レパートリーも増えて、一石二鳥です。
ずっと「このアプリいいじゃん!」と思ってたんですが、リリース直後はiOSにしか対応していなかったので、Android版リリースをずっと待ってました。ようやく対応してもらえてうれしいです。